相続・遺言の経験豊富な司法書士がご対応いたします。

死後事務委任契約とは

死後事務委任契約とは、読んで字のごとし、「死後の事務」を「委任する」ことです。

では死後の事務とは一体何のことでしょうか?

例えば、ご自身の葬儀の方法や納骨について、このようにして欲しいというご希望。

例えば、入所していた施設や病院等の費用の精算、あるいは住んでいた家賃の精算や処分。

一般的には親族や身寄りの方がお近くにいない場合、親族には頼りたくないという場合にこのようなご相談をいただくことがあります。

ここ最近では、SNS等の個人アカウントの削除や、パソコン・スマホ等のデータの処分等を委任契約に追加される方もいらっしゃいます。

例えご家族でも個人情報はプライベートなものであり、開示されたくないという考えもあります。

このような処理は「死後事務」といい、遺言書の範囲外の事項となりますので、別途に委任契約を結ぶ必要があるのです。

※司法書士は、死後事務委任契約の内容につきましては法により秘密保持義務を職責上負います。

>相続・遺言の専門ご相談窓口

相続・遺言の専門ご相談窓口

相続も遺言も人生で何度も経験するものではありません。
経験と実績の豊富な当オフィスまでお気軽にご相談ください。
司法書士が丁寧かつ誠実にご対応いたします。

CTR IMG