相続・遺言の経験豊富な司法書士がご対応いたします。

遺言書ノススメ

遺言書を書くなんて縁起が悪い!

日本では昔からそういう考えがありますが、ここ最近では違う考え方も出てきたように思います。

遺言書はある意味、「保険」と同じように考えてもいいのではないでしょうか。

もし自分が亡くなった時に、残された者が苦労しないように文書を残しておく。

保険と同じで、有るのと無いのとでは全く違います。

手続きもスムーズに進みますし、何より争いになる可能性が大きく減ります。

残された親族からすれば、「父さんが遺した言葉だから…」とその遺志を尊重する気持ちは少なからずあります。無視はできない人が多いのです。

遺す財産が100万円でも1億円でも、同じです。

100万円しか財産が無いから親族で揉めないかといえば、まったくそうではありません。親族の他に見えない当事者が口を出し、顔も見たくないと決別することもあります。

民法が大きく変わり、遺言に関することもガラリと様変わりします。

是非、お気軽にご相談ください。

>相続・遺言の専門ご相談窓口

相続・遺言の専門ご相談窓口

相続も遺言も人生で何度も経験するものではありません。
経験と実績の豊富な当オフィスまでお気軽にご相談ください。
司法書士が丁寧かつ誠実にご対応いたします。

CTR IMG