相続・遺言の経験豊富な司法書士がご対応いたします。

相続・遺言セミナー

先日、大阪狭山市の福祉協議会の皆様ご協力のもと相続・遺言セミナーを無事開催することができました。

こういう機会をいただいていつも思うことは、今の日本では遺言書の利用率の低さです。海外では「生きてるときの意思を表明」するものとして、もっと気軽に考えられています。

遺言書は財産の相続だけではなくて、「自分がもし意識を回復できないときは、こんな治療法をしてください」なんていうことも遺言書とセットで遺すこともできます。

ご家族への感謝の気持ちを遺される方も最近では増えつつあります。ご自分亡き後、ご家族の方がそれを読んでどう思われるか。そんなことを考えながら遺言書を考える。

そういう時間があってもいいのではないでしょうか。

セミナー・相談会の最新記事8件

>相続・遺言の専門ご相談窓口

相続・遺言の専門ご相談窓口

相続も遺言も人生で何度も経験するものではありません。
経験と実績の豊富な当オフィスまでお気軽にご相談ください。
司法書士が丁寧かつ誠実にご対応いたします。

CTR IMG